ファッション メンタル

なりたい自分、どんな感じ?

 

世界にたった一人の尊いあなたへ

 

あなたに寄り添う
心とファッションのつなぎ手
繭子 mayuko です。

 

先日、あるTV番組のインタビューで「今、どうしたいですか?何がしたいですか?」みたいな質問に対して「痩せてみたい!そしてお店で好きな洋服を着てみたい!」と言っていた女性がいたんですよね。

 

とってもキュートな中年女性でした。

 

わかるわ〜!と共感しつつ、人は常に「こうなりたい」自分像があるんだなぁと思いました。

 

「こうなりたい自分」と「今の自分」が完全に一致している人っているんでしょうか?

 

私自身もなりたい自分像を目指しています。割といつも(笑)

 

なりたい自分でいることを許可していない時期もありましたが、今はだいぶ呪縛が取れてきているんです。

 

冒頭の女性は痩せたい、好きな洋服を着てみたい、という乙女心を持ちつつも、深層心理ではその自分を相応しいと思っていないのでしょう。

 

こういう不一致は多少なりとも誰もが抱えていますよね。

 

まぁ無理矢理変えることもないと思いますが、いろんな自分を経験できるのは生きている間だけなので、痩せてない自分、痩せたいと思っている自分、両方認めた上で、ダイエットなどにチャレンジするのも良いんじゃないかと思います。

 

そしてどんな風に感じるか、俯瞰してみると面白いですよね。

 

ホメオスタシスが働いてすぐに戻ったとしても、その時に感じたことは宝の元なのではないかと思います。

 

痩せた自分は素敵、と思うのか、やっぱり自分らしくない、と思うのか、実は痩せなくても素敵、と思えたりして、、、。

 

そう思えたら無敵ですよね。

 

一番残念なのは、後々「あの時ああすれば良かった、こうすれば良かった」と後悔することです。

 

ファッションも人生もトライ&エラー&サクセスです。

 

ファッションで言うと、着てみたい服を着てみる、最初の1歩は勇気がいることかもしれませんが、「痩せないと好きな服を着てはいけない」と自分を縛らず、できる限り自由に楽しんでいけたら良いですね♪

 

素敵な洋服を着こなす女性の画像

 

自分を自由に解き放ってなりたい自分になりましょう。

 

ちなみに冒頭のキュートな中年女性は、「痩せたい」と言いつつ、手にはテイクアウトの◯ンタッキーフライドチキンを結構な量お持ちでした(笑)

 

インタビュアーに突っ込まれて、笑っていましたが、それがまたとてもキュートでした(笑)

 

ファッションのお悩みについて、まずはお気軽にお問い合わせ下さいね。お問い合わせはコチラから。

 

今日も自分を愛して素敵な1日を♪

 

-ファッション, メンタル

© 2021 40代から自信を持つファッション・パーソナルスタイリング m.style Powered by STINGER