ファッション

この時期のファッション

 

世界にたった一人の尊いあなたへ

 

あなたに寄り添う
心とファッションのつなぎ手
繭子 mayuko です。

 

はてなん
早いものでもう6月!そろそろ梅雨入りして、ジメジメする季節よね!? この時期のファッションはどんなことに気をつけたら良いのかしら?

 

では今日はこの時期のファッションについてポイントをお伝えしますね!
繭子

 

素材と色

 

そろそろ梅雨入りするこの時期は、湿気が出始めて、雨の日が多くなりジトジト・ベタベタとして、不快指数が高くなりますよね!?

 

この時期は、雨に濡れたり、汗をかいたりしても快適に過ごせるように、お洋服の素材に気を配ることも大切です。

 

通気性に優れた麻(リネン)・速乾性に優れたポリエステルがおすすめですよ。

 

麻はかつては高級素材でしたが、今では毎年ユニクロでも麻のシャツなどがカラーバリエーションも豊富に扱われていて、手に入れやすく身近になってきました。

 

綿100%は吸水性が良く肌触りも良いのですが、濡れてしまった時に乾きにくいんですよね。

 

綿ポリ・綿麻というように、混紡されている素材を選ぶと良いですね。

 

お天気の影響で気分的に下がる傾向にありますので、せめて身につけるものには爽やかさが欲しいところです。

 

そんな時は、ジメジメ感を吹き飛ばしてくれるような爽やかな色にするとさらに快適度が上がりますね。

 

夏に向かう季節ですので、爽やかなブルー系などがオススメです。

 

ブルー系のお洋服の画像

 

ボトムスの丈

 

この時期は、ロング丈のスカートやフルレングスのパンツは雨の跳ね返りなどで濡れてしまいます。

 

大切なお洋服がシミになってしまいますので、ボトムスはすっきりとした丈のものがオススメです。

 

スカートなら長くてもミモレ丈がオススメです。
(ミモレ丈とは、ふくらはぎの太い部分の少し下くらいの丈のことです。)

 

ミモレ丈のスカートの画像

 

パンツはアンクル丈にすると良いですね。
(アンクル丈とは足首のくるぶしが見えるくらいの丈のことです。)

 

また、多少濡れても気にならないように、ボトムスはダークカラーをセレクトするのも良いですね。

 

小物使い

 

なんといってもこの時期のお悩みで多いのが、髪の毛が湿気でまとまらない、ということではないでしょうか?

 

こういう時は潔く隠す選択肢もありますね。

 

帽子をプラスしたファッションを楽しむ機会にシフトするのもオススメです。

 

帽子を被った子供の画像

 

雨の日の憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれるようなレイングッズを使うのも良い方法ですね。

 

パリの傘の画像

 

傘だけではなく、レインシューズやレインコートも様々なタイプが扱われるようになりました。

 

長靴の画像

 

雨の日が待ち遠しくなるような気分が上がるレイングッズで、この時期を乗り切るのも良いですね♪

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

雨が多くなるシーズンですが、お洋服の素材・色・丈に気を配りながら、小物使いも駆使して爽やかさ・快適さを追求すると、この時期の憂鬱から少しは解放されるのではないでしょうか!?

 

昨年に引き続き、コロナの影響で閉塞感もありますので、この時期を少しでも気分良くお過ごしいただけたら幸いです。

 

ファッションのお悩みについて、まずはお気軽にお問い合わせ下さいね。お問い合わせはコチラから。

 

今日も自分を愛して素敵な1日を♪

 

-ファッション

© 2021 40代から自信を持つファッション・パーソナルスタイリング m.style Powered by STINGER