ショッピング ファッション

試着したお洋服は必ず買わなければいけないの?

 

世界にたった一人の尊いあなたへ

 

あなたに寄り添う
心とファッションのつなぎ手
繭子mayukoです。

 

はてなん
お洋服の試着ってハードルが高いのよねぇ。試着したら買わなければいけない気がするけれど実際はどうなの?

 

なるほど!そんなことはないですよ。今日はその辺のことを掘り下げてみましょう!
繭子

 

試着って迷惑じゃないの?

 

最近はネット通販でお洋服を買うことも多くなってきていると思いますが、基本的には試着してから購入する方が失敗を防ぐ事ができます。

 

ただ、お買い物が苦手な方にとって、この「試着」がハードルが高いのですよね。

 

試着したら絶対に買わないといけない!と思っている事が多いようですが、実際はどうなのでしょうか?

 

考える外国人女性

 

答えは「全然そんなことはないですよ〜」ですw

 

お洋服屋さんに入って商品を見ていると

 

「広げてみて下さいね」
「サイズは他にもありますよ」
試着してみて下さいね!

 

必ずと言っていいほど、こう声をかけられます。

 

どちらかというとお洋服屋さんは「試着をして欲しい!」のです。

 

言ってみたら試着するお客様というのは見込み客なんですよね。

 

見込み客に買ってもらえるかどうかは、商品力と店員さんの販売スキル。

 

お客様である私たちは、この二つのことを評価する立場にいるので、気を使い過ぎなくても良いのです。

 

試着の時に気をつけることは?

 

ただ、買うかどうかわからない商品ですので、大切に扱いましょうね。

 

それは最低限のマナーです。

 

試着室にいる2人の女性

 

特に、前開きではないタイプのトップスを試着するときは、店員さんの指示に従ってフェイスカバーなどをして、メイクがお洋服につかないように気を付けましょう。

 

着てみたけど買わないときは?

 

着てみたけれど、似合わなかった、サイズが合わない、イメージと違った、ということはよくあることです。

 

そんな時は、にっこり笑顔で「ごめんなさい、ちょっと考えますね」もしくは、断る理由をそのまま伝えても良いですよ。

 

似合うかどうか、サイズ感、イメージなど、着てみないとわからないことがあるのは当たり前なんですから。

 

にっこり笑顔で断るのがポイントです😉

笑顔で謝る女性の画像

 

店員さんだからといって、ぞんざいに扱って良い訳ではありません。

 

こちらも最低限の礼儀を尽くして接して気持ちよくコミュニケーションをとりましょう。

 

もしも、商品を丁寧に扱って最低限の礼儀をもってお断りしたのにもかかわらず、店員さんが冷たい態度を取ったりしたら、それは明らかに店員さんの接客ミスです。

 

あなたが悪いのではありません。毅然とした態度で対応して下さいね。

 

今はSNSで良いことも悪いこともすぐに拡散されてしまいます。

 

そのような対応をする場合、そのお店のみならずブランドイメージそのものも壊してしまうことになりかねません。

 

なので、お店側もこのような対応をしないように店員さんを教育しているはずなんですね。ということは、このような対応をするお店は少なくなっているというとですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?試着へのハードルが下がっていれば良いのですが、、、。

 

・試着したお洋服は必ず買わなければいけないわけではありません。

・買うかどうかわからない商品は大切に扱いましょう。

・店員さんの態度が冷たい場合は、その店員さんの接客ミスと捉えましょう。

 

大切に着るお洋服であればあるほど、試着は必須です。

 

決して試着したら絶対に買わなければいけないわけではないので、色々試してみましょうね♪

 

ファッションのお悩みについて、まずはお気軽にお問い合わせ下さいね。お問い合わせはコチラから。

 

今日も自分を愛して素敵な1日を♪

 

-ショッピング, ファッション

© 2021 40代から自信を持つファッション・パーソナルスタイリング m.style Powered by STINGER