ファッション ライフスタイル

梅雨寒に重宝するアイテム3選

 

 

世界にたった一人の尊いあなたへ

 

あなたに寄り添う
心とファッションのつなぎ手
繭子 mayuko です。

 

なやみん
昨日まで暑かったのに、今日はグッと気温が下がったでしょう。こんな時って着るものに悩むのよね!?

 

わかります!日によって気温差が激しいと体温調節が難しくて、体調を崩す原因になりますので要注意ですね!?今日はそんな時に重宝するアイテムをご紹介しますね。
繭子

 

脱ぎ着ができる羽織りもの

 

日によって気温差があるのはもちろん、1日の中で時間帯によっても気温差があるこの時期は、脱ぎ着ができて簡単に調節できるアイテムがおすすめです。

 

まずおすすめの羽織物は、カーディガンです。

 

カーディガンを着る女性の画像

 

肌寒い時はさっと羽織って、日中暑くなったら脱いでバッグの中にしまっておいて、気温が下がったり冷房が効いているところではまた羽織る。

 

バッグに収まらない時は肩がけにしたり腰に巻くと、こなれ感がUPしますね。

 

ニットを肩がけする女性の画像

 

セレクトする時に気を付けなければいけないのは素材とデザインです。

 

冬物のようなウールなどはもちろんNG!

 

湿度が高いこの時期は蒸れやすいので、通気性が良いリネンや綿素材で風通しが良いデザインのものがおすすめです。

 

シャツも重宝します

 

カーディガンのように羽織りもの代わりに使えるのがシャツなんですよね。

 

Tシャツとリネンシャツを重ねて着こなしても素敵ですね。

 

もちろん綿素材のシャツもOKです。

 

さらに気温が下がった時にはデニムシャツも意外と使えるんです。

 

デニムシャツを着る女性の画像

 

リネンや綿素材に比べると生地に厚みがある物が多いのですが、薄手のGジャンという感覚で幅広く使えるアイテムです。

 

これらのシャツもカーディガンと同様に脱ぎ着をして使うことができますよ。

 

もちろん肩がけも腰巻きもOKです!

 

カーディガンよりもかさ張らず、持ち歩きも楽ちんですね。

 

ストールは通年アイテム

 

最後はストールです。

 

素材は綿や麻で選びましょう。

 

首周りにゆったりと巻いても良いですし、広げて肩にかけて使うと羽織りものの役割も果たしてくれます。

 

ストールはこの時期に限らず真夏にも重宝します。

 

外で汗をかいたままで室内に入ると今度は冷房が効いていて、体を冷やしてしまうことってよくありますよね!?

 

そんな時は小さく折り畳んだストールをバッグに入れておくと、サッと羽織れば冷房の風から体をガードすることができますね。

 

夏の小物の画像

 

ストールは素材を変えて通年で使える、簡単におしゃれ度が上がるハズせないアイテムなんですよね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

この時期に重宝する夏の素材のカーディガン・シャツ・ストール

 

気温が不安定なこの時期ですがこの3つのアイテムを使うこなして、体調管理もバッチリですね。

 

ファッションのお悩みについて、まずはお気軽にお問い合わせ下さいね。お問い合わせはコチラから。

 

今日も自分を愛して素敵な1日を♪

-ファッション, ライフスタイル

© 2021 40代から自信を持つファッション・パーソナルスタイリング m.style Powered by STINGER