ファッション メンタル ライフスタイル

自粛は自祝

 

世界にたった一人の尊いあなたへ

 

あなたに寄り添う
心とファッションのつなぎ手
繭子 mayuko です。

 

早いものであと数日で6月ですね。

 

個人的には6月はお誕生月。今年で52歳になります。

 

年齢はただの数字、と思っていますが、自分が52歳!?と、時の流れの速さに驚いています。

 

そんなことをぼんやりと考えていたら、“あるにフォーカスする”という言葉が浮かんできました。

 

無い、に囚われていた時

 

その言葉を感じながら今までの人生を振り返ってみると、八方塞がり、と感じていた時ほど◯◯な思いに囚われていたことに気づきました。

 

それはどんな思いだったかというと、“無い”という思い。

 

キラキラと輝いている人を見ると羨ましくて、その人と自分を比べて自分には◯◯が無いからあんな風にできない、自分にはあれが無いこれが無い、と無いことにばかりフォーカスしていました。

 

私は特別に無い世界で生きていたわけではなく、恵まれていた面もあったのにも関わらず、それにフォーカスすることができなかったんです。

 

当然、幸福感は低くいつも他の人が羨ましかったり、自分自身の人生に諦めのような気持ちを持っていました。

 

俯く女性の画像

 

ネガティブは決して悪者ではない

 

そうなんです、実はわたくしネガティブ出身なんですw

 

どちらが良くてどちらが悪い、ということではありません。

 

人が成長していくには、ネガティブ・ポジティブどちらも必要なんですね。

 

50/50でバランスが取れている状態だと思います。

 

今はネガティブとポジティブ、どちらとも仲良くできるようになりましたが、当時はかなりネガティブに傾いていました。

 

傾いていたところから、中庸に寄せるには、自分の内側とかなり向き合う、ということをしました。

 

その時はネガティブに傾いていた理由があったんですよね。

 

向き合ってネガティブな自分をケアすると、自然にポジティブな自分が出てきて、たくさんのあるに気づけるようになったんです。

 

そういう内側の変化は、外側にも表れます。

 

その頃から周りの方に褒められる機会が多くなったように感じます。

 

何よりも、自分で自分を認めることができて愛せるようになったと思います。

 

自粛ではなく自祝に!

 

私は、お客様に自分らしく輝いていただきたいと思っていますが、その方の地盤が緩んでいるとなかなか難しいんです。

 

この地盤というのが、自己肯定感、セルフイメージ、自己愛なんですよね。

 

ファッションはすごいパワーを持っていますが、この地盤がしっかりとしていることで、さらに揺るがないパワーを発揮してくれます。

 

今、コロナ禍で、無いにフォーカスするにはもってこいの環境になっています。

 

無いにフォーカスすることが続くと、ネガティブに傾いて、自己肯定感、セルフイメージ、自己愛が全て下がってしまいます。

 

私がコロナ禍で心配なのはこのことなんですよね。

 

だからファッションまで自粛せず、むしろその逆をやっていただきたいと思います。

 

先日もこのことをBlogに書いたら、自粛ではなく自祝なんだよ、と教えてくれた方がいらっしゃいました。

 

今のこの時間こそ、自分を愛でたり大切にする時間=自祝時間、にしましょう!ということなんですって。素敵!!

 

そうするコツがあるとしたら、一度ネガティブな自分を認めてあげてケアしてあげること。

 

そうすると、自然とバランスが取れて、自祝する気持ちになれる!と思います。

 

あなたの自祝時間が素晴らしい時間になりますように。

 

笑顔の外国人女性の画像

 

ファッションのお悩みについて、まずはお気軽にお問い合わせ下さいね。お問い合わせはコチラから。

 

今日も自分を愛して素敵な1日を♪

 

-ファッション, メンタル, ライフスタイル

© 2021 40代から自信を持つファッション・パーソナルスタイリング m.style Powered by STINGER